福岡市南区大橋の歯医者「今泉歯科医院」の一般歯科について|無痛治療にも力を入れています

  • tel:092-541-2781
  • 初診の方専用Web予約はこちら

一般歯科

早期発見・早期治療の大切さ

虫歯はごく初期段階をのぞき、一度かかると自然に治ることはありません。放置すればどんどん悪化し、進行すれば神経を取り除くこともあります。
そして神経は失った歯はもろくなり、最終的には抜歯につながるケースも少なくありません。

虫歯で大切なのは、早期発見・早期治療です。虫歯は初期段階では自覚症状がないため、「痛い」「しみる」など少しでも異変を感じたときには、すでにかなり進行していることが考えられます。
わずかな症状でも放置せず、できるだけ早く福岡市南区大橋の歯医者「今泉歯科医院」の一般歯科にご相談ください。

当院は、開業70年以上の歯科医院です。これだけの長い期間にわたって歯科治療を続けてこられたのは、地域の皆様に信頼していただき、かかりつけ医として皆様にご来院していただけたことがすべてだと考えております。

そんな福岡市南区の「今泉歯科医院」は、より多くの患者様に歯科医療をご来院いただくため、2015年11月にリニューアルしました。きれいな空間で先端設備をそろえ、経験を元にした良質な診療のご提供を可能にする医院づくりを進めています。

当院では10年後、20年後まで見すえ、一人ひとりに合わせたオーダメイド治療をご提案することにこだわっています。そのために丁寧でわかりやすいご説明を欠かさず、ホスピタリティにあふれる医院を目指します。

当院の特徴についてくわしくはこちら

一般歯科

一般歯科では、もっとも身近なお口の病気といえる虫歯の治療を行います。
次のような症状がある場合、虫歯になっているかもしれません。

これらの中に、思いあたるものはありませんか? 一つでも当てはまるものがあれば、できるだけ早くご来院ください。

~保険治療と自費治療~

保険治療と自費治療

歯科診療では、保険が適用されるものと自費になるものがあります。保険診療では使用できる素材や治療法がかぎられていますが、費用を抑えることが可能です。
一方、自費診療は費用の負担は大きくなるものの、素材や治療法の選択肢が豊富です。
そのため、患者様のご要望に合わせて咬み心地や見た目まで徹底的にこだわった治療ができます。

当院では一人ひとりの患者様に、保険診療と自費診療の違いについて、メリット・デメリットをふまえてきちんとご説明し、納得できる治療を選んでいただいております。
わからないことは、何でもお気軽におたずねください。自分に合った、納得できる治療を選択しましょう。

日本では、「保険治療」と「自費治療」の2つから患者様が自由に治療を選択することができます。しかし、患者様を第一に考えた場合、日本の保険診療制度の範囲内では理想的な治療が難しい場合があります。

日本の保険制度の特徴

保険治療は国民保険制度により、治療費の一部(多くの場合は3割)を負担するだけで治療を受けられる制度です。たとえば、抜歯は260点(奥歯の場合)と決められ、これを10倍したものが治療費の総額になります(実際には初診料やレントゲン料なども加算)。治療費が2600円ならその3割、780円が治療時に支払う金額となります。とても安い治療費ができるため、歯科治療を行う方の多くが保険を利用しています。

保険治療の問題点

保険治療は病気に対する最低限の治療しかできず、虫歯や歯周病の予防、矯正やホワイトニングといった見た目をよくするための治療はできません。また、使える素材にも制限があるので、理想的な治療を行うことが難しいといえます。現に日本の歯科治療で使われている銀歯には、さまざまな有害物質が含まれていることが指摘され、ドイツやスウェーデンといった歯科先進国では使用しないように警告されているものもあるのです。しかし、日本の保険制度では、最低限の機能回復が目的なので、現在も使用され続けています。

自費治療のメリット

自費診療というとインプラントや矯正、セラミックを使った審美歯科治療などを思い浮かべるかもしれませんが、通常の虫歯治療や歯周病治療でも自費治療を選択できます。たとえば、保険診療では歯科用プラスチックや銀歯を使って削った歯を補修しますが、自費治療なら見た目も自然で身体にも安全なセラミックなどを使うことが可能です。また、時間をかけて精密な治療ができるので、快適な咬み心地を得ることができます。さらに予防に力を入れることで、再治療の可能性を抑えることもできるのです。

結果として、保険診療を繰り返すよりも費用をかけず、さらに大切な歯を守ることができるわけです。当院では一人ひとりの患者様に、保険診療と自費診療の違いについて、メリット・デメリットをふまえてきちんとご説明し、納得できる治療を選んでいただいております。わからないことは、何でもお気軽におたずねください。自分に合った、納得できる治療を選択しましょう。

小児歯科

小児歯科

小さなお子様のいる親御様の中には、「乳歯の虫歯は、いずれ抜け替わるから大丈夫」と思っている方がいらっしゃいます。
しかしそれは大きな間違いです。乳歯は永久歯よりやわらかいため虫歯になりやすく、一度虫歯にかかると進行も早いことが特徴。また乳歯が虫歯になると、そのあとに生えてくる永久歯も虫歯になるリスクが高まってしまいます。

大切なのは小さいころからきちんとブラッシングし、予防習慣を身につけさせてあげるとともに、早期発見・早期治療に努めることです。
お子様のお口や歯で気になることがあれば、当院の小児歯科までお気軽にご相談ください。
当院では、歯磨き指導やシーラント、フッ素塗布なども行っております。

無痛治療

無痛治療

「歯医者は痛いから怖い」というイメージは、お子様だけではなく、大人の方でも多くの方が抱えています。
結果的に歯科医院が苦手になり、なかなか通院できず、虫歯や歯周病などが悪化してしまうというケースも……。そこで当院では、できるだけ治療時の痛みを抑えられるよう、「無痛治療」に取り組んでいます。

たとえば麻酔の際には、針が刺さるときの痛みをなくす表面麻酔にはじまり、極細の針の使用などによって痛みを軽減。
さまざまな工夫によって、痛みの軽減を実現しています。治療に不安を感じている方も、お気軽にご相談ください。痛みの少ない治療をご提案させていただきます。

今泉歯科医院へのお問い合わせはこちら

診療案内

一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療

pagetop