口腔外科

口腔外科とは?

口腔外科とは、おもに「外科手術」をともなうお口の治療を行う診療科目です。
親知らずや顎関節症、お口の中の粘膜異常や治りにくいできもの、またお口まわりのケガなど、幅広い治療を行っています。
外科手術を行う際には麻酔など薬剤を用いることも多いため、心臓病や糖尿病など持病のある方に十分な配慮が必要になります。
当院でも口腔外科治療も行いますが、状況によっては専門医を紹介させていただくケースもございます。

このような症状なら口腔外科を受診しましょう

親知らず
  • 親知らずが痛い
  • 奥歯が腫れている
顎関節症
  • 口が開かない
  • 顎が痛い
  • 顎がカクカクする
口内炎
  • できものが治らない
  • 赤くただれている

その他にもスポーツや事故等で「口の周りをけがしてしまった」など、お口の中だけでなく、顎やお口まわりなどのお悩みについてもおまかせください。
当院では痛みなどの症状が出ている部分だけでなく、お口全体をしっかり診察したうえで、全体のバランスまでをふまえて一人ひとりに適した治療をご提案します。

親知らずについて

永久歯が生えそろった後に、奥歯のさらに奥に生えてくる親知らずは、横を向いたり斜めになったりしていることが多く、虫歯や歯周病を招きやすく、歯並びを乱す原因になるなどトラブルの多い歯です。
正常に生えていれば問題ありませんが、診断してみないとわかりません。

親知らずは抜歯する?抜歯しない?

親知らずは、生えてくる人・埋まったままの人、まっすぐ正しく生えている人・曲がっている人など、生え方は人それぞれです。
こちらでは、一般的な抜歯するケース・しないケースについてご紹介します。
抜歯するか否かは診察してみないと判断できませんので、まずは一度ご来院ください。

抜歯する親知らずのケース
  • 曲がったり横を向いたりしていて、ブラッシングがきちんとできない

  • 虫歯や歯周病になっている、もしくはなる可能性が高い

  • まわりの歯を圧迫し、歯並びを乱すおそれがある

抜歯しない親知らずのケース

  • 正しい向きでまっすぐ生えており、問題がない
  • 妊娠中、授乳中である

顎関節症について

「口を大きく開けられない」「開け閉めすると痛む」「カクカクと音が鳴る」などの症状が現れる顎関節症。強い歯ぎしりや食いしばり、頬杖などのクセ、ストレスなどが原因となり発症するといわれています。
自然に症状が治まることもありますが、悪化すると肩こりや頭痛など、全身にも悪影響を及ぼすことがあります。

スプリント療法(マウスピース)

顎関節症治療には、マウスピース(スプリント)を使って顎の位置を矯正する「スプリント療法」をご提案しています。
スプリントは患者様一人ひとりに合わせて作り、顎関節症の改善・緩和をチェックしながら調整。スプリントは簡単に取り外すことができるので、ご自宅でくつろいでいるときや就寝時などにご利用いただけます。
また、気道を広げる効果もあるので、いびきの改善や軽度の睡眠時無呼吸症候群の治療にも有効です。

TOPへ戻る
TEL.092-541-2781 WEB予約
AM 09:00-PM 13:00 / PM 14:30-PM 19:00 休診日…水曜土曜午後・日曜・祝祭日