矯正歯科

正しい歯並びが、お口と全身の健康を支えます

正しい歯並びが、お口と全身の健康を支えます歯並びの乱れが気になって、つい口元を隠してしまう――。
そんなお悩みをお持ちではありませんか?
見た目ばかり気にしがちな歯並びですが、お口全体や全身のバランスに悪影響を与え、さまざまなトラブルを招く原因になることが近年わかってきました。
「出っ歯」「受け口」「でこぼこの歯並び」など、気になる歯並びや咬みあわせは、矯正治療できれいに治すことができます。
もし、気になることがありましたら、「今泉歯科医院」までご相談ください。
矯正治療で正しい歯並び・咬み合わせを手に入れ、お口や全身の健康を維持しましょう。

どのような歯並びでお悩みですか?

出っ歯

出っ歯

受け口

受け口

ぼこぼこ

ぼこぼこ

すきっ歯

すきっ歯

閉じない

閉じない

噛み合わない

噛み合わない

矯正認定医による正確な矯正治療

当院では、日本矯正歯科学会の認定医が在籍する矯正専門医院と提携し矯正治療を行っています。
当院にご相談をいただき、矯正治療を行うと決まった場合には、その矯正専門医院に通院していただく事になります。
なぜこのような体制をとっているかというと、お口の中を全体的・総合的に診る歯科医師と矯正の専門家、双方の視点で連携して治療を進めていく事が理想の体制だと考えているからです。
矯正治療前の虫歯や歯周病治療はもちろん大事ですが、特に治療中は矯正装置が付いていることで口腔内の管理が難しくなり虫歯や歯周病のリスクが高まります、その点においても矯正担当医と当院がしっかり連携し、矯正治療中の虫歯や歯周病の予防に取り組んでいきますのでご安心ください。

矯正担当医

吉田憲生 先生

吉田憲生 先生YOSHIDA矯正歯科クリニック 院長
日本矯正歯科学会「認定医」取得

YOSHIDA矯正歯科クリニック

大人の矯正(成人矯正)

矯正治療は子どもが受けるものというイメージをお持ちの方も少なくありません。
しかし、実際には年齢に関係なく、成人の方でも矯正治療によって歯並びや噛み合わせを治すことができます。
大人の方の場合は顎の骨の成長が終わっているため、治療内容は子どもとは異なります。こちらでは、大人の矯正(成人矯正)にあたってよくあるご希望と、それに対する治療についてご紹介します。

治療していることを気づかれたくない

治療していることを気づかれたくない矯正治療というと、金属のブラケット(歯に付ける小さな装置)によるワイヤー矯正のイメージが強いと思います。
この金属が気になり、矯正治療をためらう方がよくいらっしゃいます。
当院では、半透明のブラケットや歯の裏側に付けるタイプ、透明のマウスピースタイプなど、目立ちにくい装置もご用意しております。

できるだけ歯を抜きたくない

できるだけ歯を抜きたくない当院ではどうしても歯を抜いたほうがいいというケースを除き、できるだけ非抜歯での治療を選択しています。そのために正確な診断と治療計画を重要視しています。

短期間で終わらせたい

短期間で終わらせたいインプラントを使って正しい歯並びに導く「インプラント矯正」であれば、治療期間を短縮することも可能です。
期間についても可能な限りご希望に沿うようにご提案します。

部分的に矯正したい

部分的に矯正したい「すきっ歯」、「八重歯」など、歯並びの一部分だけを治療する「部分矯正」も可能です。
全体の治療に比べて費用を抑えられ、期間も短縮することができます。

子どもの矯正(小児矯正)

子どもの矯正(小児矯正)成長段階の子どもは、大人とは違ったアプローチで矯正を行う必要があります。
たとえば、乳歯の時期のすきっ歯は、乳歯より大きな永久歯が生えるために必要なものであり、治療をする必要はありません。
また、お口の中の状態は一人ひとりまったく異なるため、治療法や開始する時期も一概には提示できないのです。
「矯正治療が必要な歯並びなのか?」、「はじめるならいつがいいのか?」などの疑問をお持ちであれば、一度診察にお越しください。
子どもの矯正治療では自然な成長の力を利用するので、はじめるタイミングが重要になります。今すぐはじめるのか、しばらく経過観察を行うのかなど、診察のうえで適切なタイミングをご提案します。

TOPへ戻る
TEL.092-541-2781 WEB予約
AM 09:00-PM 13:00 / PM 14:30-PM 19:00 休診日…水曜土曜午後・日曜・祝祭日